アロンソ、テスト1回目の走行でホンダ新マシンに早速問題発生

 最悪の滑り出し。ホンダ・マクラーレンに所属するフェルナンド・アロンソは27日、バルセロナ・サーキットで行われる2017年F1プレシーズンテストで早速問題に衝突した。

 アロンソは、第1回目の走行で油漏れを理由にボックスに引き返さざるを得なくなった。これは、過去のマシンと同様の問題であるが、ホンダは新マシン『MCL32』では予期していなかったことだという。

 マクラーレンは、アロンソが昼食後に再びサーキットに乗り出すと公言している。28日は同僚のストフェル・バンドーンの番なので、せめて夕方にはテスト走行を完走したいところだ。



SPORTYOU