ホンダの”無能ぶり”に我慢の限界か?「アロンソはもう辛抱ならない」

 マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエ氏は、F1プレシーズンが行われているバルセロナ・サーキットで失敗を繰り返すホンダに、フェルナンド・アロンソが堪忍袋の緒が切れる寸前だと公表した。

「アロンソはもう辛抱ならない。でもタオルを投げることはない、彼は根っからの競争人だからね。マクラーレンに加入してから、我々は色々と討論してきたけど彼はまだここにいる。辛抱ならないのは当然だ、私もその内の一人だ。でもプロ意識は保ち続けねばならない」

 10日、アロンソの同僚ストフェル・バンドーンは目標の48周を完走できたが、前日のアロンソ同様レッドフラッグを2本も出してしまった。チームは冷静を装っているが、ポジティブに考えることは無理な話であるということが現実である。



SPORTYOU