愛国ではなく英国主義者?ペップ監督が今夏の補強方針語る

 マンチェスター・シティを率いるペップ・グアルディオラ監督は7日、チャンピオンズリーグ(CL)・ベスト16・2ndレグ・アーセナル戦の前日記者会見で今年の夏にイギリス出身の選手層を増やしたいと明かした。

 グアルディオラ監督は、歴史的に英国クラブがしていたように母国出身のプレーヤーでチームを固めたいようだが、現時点で数少ないイギリス人プレーヤーを手放すことを拒むプレミアリーグでは安易な作業ではない。

「もっとイギリス人プレーヤーが欲しいけど、何しろ高い。バルセロナバイエルンを率いていた頃は、それぞれ同国の選手が多かったけど、時には実現可能でない時もある」

「結局、全ては市場次第だ。クラブは下部組織を大事にしてきたし、将来に向けて動いているから1軍に辿り着いた時には是非指導したい」



SPORTYOU