• Jリーグが嘆くシャペコエンセ飛行機墜落事故。古巣が哀悼捧げる

     29日、何の前触れもなくサッカー界を襲ったシャペコエンセ飛行機墜落事故の悲報は、元Jリーガーが5人も関係していただけあって、多くの日本人サポーターの注意を一層引いた。そして30日にカイオ・ジュニオール監督(ヴィッセル神戸)、チエゴ(京都サンガ)、アルトゥール・マイア(川崎フロンターレ)、ケンペス(セレッソ大阪、ジェフユナイテッド千葉)の死亡を確認したと同時に各古巣クラブはそれぞれツイッターで追悼の意を発表した。

  • 「弛まず昇格し続け、遂には昇天」シャペコエンセが弔辞捧げる

     クラブ史上最大の悲劇に見舞われたシャペコエンセは29日、フェイスブックを通じて飛行機墜落事故で亡くなった選手達に追悼の意を表した。

  • シャペコエンセGK、墜落死免れるも右足切断。左足失う恐れも

     70人を超える死傷者が出たシャペコエンセの飛行機墜落事故で奇跡的に助かった選手3人の一人であるGKジャクソン・フォルマン(24)は、右足切断を余儀なくされたとサン・ビセンテ病院の公式発表をブラジル紙『UOLエスポルテ』が29日に報じている。

  • シャペコエンセが南米杯決勝進出を果たした時の盛大な祝い

     ブラジル1部リーグに所属するシャペコエンセは12月1日、メデジン(コロンビア)で同国のアトレティコ・ナシオナルとコパ・スダメリカーナ(南米クラブ杯)決勝戦に臨む予定だったが、チーム一同を乗せていたチャーター機が墜落したことによって決勝は中止された。

  • 悲劇のシャペコエンセを救え!ブラジルクラブが一致団結

     ブラジル1部リーグに所属するシャペコエンセの飛行機墜落事故はサッカー界を、そして特に母国業界を一致団結させた。ブラジルサッカーでの強豪コリンチャンスは29日、悲劇に見舞われた同クラブを救うためのイニシアチブをとった。

  • 全世界がシャペコエンセの悲劇を嘆く。レアル&バルサが黙祷

     29日、アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)とのコパ・スダメリカーナ(南米クラブカップ)決勝の第1戦のためにメデジン(コロンビア)まで向かっていた、ブラジルサッカー1部リーグに所属するアソシアソン・シャペコエンセのチーム一同を乗せていた旅客機が墜落。彼等を含む72人の旅客と9人の搭乗員のうち、75人が死亡。

SPORTYOU