Semua konten dengan topik "manchester city"

  • もう御免!メッシのペップ監督への痛すぎる恩返し

     現代のサッカー界において、マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督よりバルセロナのFWリオネル・メッシを知り尽くしている人物はいないだろう。過去最高5個のバロンドールを誇るメッシだが、全てはグアルディオラ監督に指導されてから獲得し始めた賞であることを忘れてはならない。彼の下で世界最高の選手へと変貌を遂げたメッシは、現在ペップ監督が率いるシティにハットトリックをお見舞い、勝利を収め、ある意味の恩返しをした。  バルセロナ史上最高の監督として知られているグアルディオラだが、メッシの力なくしてバルサの黄金時代は築けなかっただろう。しかし、スペイン人指揮官が就任した当時、メッシは怪我も多く、ピッチでの動きにも未熟で未完成のプレーヤーだった。それもそのはず、あの頃のメッシはまだ21歳。それでも主導権を与えられた同選手は、偽9番としてプレーし始め、多くのフォワードにとって羨ましい限りの凄まじい得点力も身につけた。2013年、グアルディオラはバルサを退団したものの、いつでも試合の流れを左右できる怪物へと姿を変えたメッシは、とうの昔に自立していた。  2015年5月、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝で両者は初めて敵として対戦することになり、メッシは既に恩返しをしていた。1stレグのホーム戦で2得点決め、決勝進出への道を切り開いた。そして今回の再会では、20分も経たないうちに先制点を挙げた。冷静にGKクラウディオ・ブラーボを交わして決めたゴールについてルイス・エンリケ監督は皮肉を混ぜてこう語っている。 「彼は校庭で遊んでいるかのようにプレーができる。他の選手だったら足がぐらついたりするけど、メッシにはこういうことが期待できる。1点目は、かなり緊張しているように見えたけどね」  今回のメッシは、普段よりパス成功率が低調だったものの(33回のうち無事届いたパスは60%以下)、3得点も決めた選手に誰もそんなことを咎めるはずもない。ブラーボのレッド退場以降、GKウィリー・カバジェロに2得点決めているが、もし最後の方に獲得したPKをネイマールに譲りなどしていなかったら、計4ゴールまで決めていたかもしれいない。  こうしてグアルディオラ監督は、またもや自分自身が生み出した怪物に苦しめられ、彼にとってはいささか痛すぎる恩返しとなってしまっているようだ。

  • メッシハットで乾杯。またもやペップ監督、バルサに完敗

    【チャンピオンズリーグ(CL)Cグループ第3節 バルセロナ 4-0 マンチェスター・シティ】

  • メッシ獲得意向を否定するペップ、ネイマール移籍の秘話を明かす

     マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は18日、バルセロナとのチャンピオンズリーグ(CL)戦を機に再びカンプ・ノウで記者会見を開いた。バルサの黄金時代を築いた指揮官にとっては、故郷に帰るような感覚なのだろう。

  • バルサの前任者と後任者が対決も「監督同士の戦いではない」

     プレミアリーグ今季初のマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドの対戦がペップ・グアルディオラとジョゼ・モウリーニョの因縁の対決を意味していたように、19日に行われるシティとバルセロナのチャンピオンズリーグ(CL)戦はバルサの前任者グアルディオラと後任者ルイス・エンリケが同じピッチに立つということで、注目を集めている。しかしルイス・エンリケ監督は18日、記者会見で「監督同士の戦いではない、主役は選手達だ」と、注意を逸らした。 「でも確かにペップとはいろいろと共有してきたし、彼と監督として対決できるのは光栄だ。ペップはプレシーズンからチームに生半可じゃない影響力をもたらしている。我々と同じようにポゼッションを支配したいとわかっている」  更にルイス・エンリケは先輩グアルディオラについて「私は敵より友人を評価する方が楽なんだ。ペップは友達だから良い評価をするのは簡単だよ。守るより攻めることを常に考えている監督が好みだし、私にとっては今現在は世界最高の監督だ。史上最高の監督かは言えないが、現代サッカーの最も優秀な監督の一人だろう」と、絶賛した。  なお試合に関しては「サッカーファンにとってこれ以上素晴らしい試合はないと思う。選手個人のスキルもチーム全体のクオリティーも高いから困難な試合になるだろう」と、述べた。  因みに、先にDFジェラール・ピケがスペイン代表引退について言及した発言については「ピケより私が上手く説明できるはずがない。唯一言えることは、我々にとってもスペイン代表にとっても不可欠な存在であることだ」と、同選手を庇った。

  • 現バルサ監督、シティFWノリートに10㎏ダイエットを強いていた

     サッカーでサイドから攻める、スピードが最大の武器であるウィングにとってフィジカルコンディションを四六時中気にしていなければいけない。それなのにマンチェスター・シティに所属するスペイン代表のFWノリートは、一時期太り過ぎていた。同選手は英紙『ザ・ガーディアン』のインタビューで、当時セルタで指導していた現バルセロナのルイス・エンリケに10キロのダイエットを強いられていたことを明かした。

  • クライフの凄さが一瞬で分かる。弟子のペップが語る衝撃の事実

     マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は、亡き恩師ヨハン・クライフ氏の自伝の出版記念イベントに出席した。息子のジョルディ・クライフ氏も出席した同イベントで、父親のベスト11に含まれたスペイン人指揮官は、恩師への感謝の言葉を伝えた。

SPORTYOU